<   2017年 09月 ( 25 )   > この月の画像一覧

チャリンコ族

d0156557_09021640.jpg



d0156557_09023124.jpg


高知は案外、チャリンコ族が多い?


高知は路面電車があるので、
乗って写真も撮りたかったのですが、

時間が無くなってしまって、
ビュッと駅に向かって、
高知ともお別れしたのでした。






[PR]
by kiyoko_ki | 2017-09-30 09:08 | | Comments(0)

高知駅

高知駅も、

新しくて素敵です。

d0156557_10431822.jpg



d0156557_10433200.jpg



d0156557_10435115.jpg


高知駅、そして牧野富太郎記念館は、

内藤廣さんの建築です。


安曇野ちひろ美術館なども内藤廣さんだそうです。






[PR]
by kiyoko_ki | 2017-09-29 10:46 | | Comments(2)

高知城歴史博物館

高知城歴史博物館、

新しくて素敵な建物です。

d0156557_10153674.jpg



d0156557_10154996.jpg



d0156557_10160144.jpg




d0156557_10161562.jpg






[PR]
by kiyoko_ki | 2017-09-29 10:18 | | Comments(0)

ひろめ市場

朝ですが、
ひろめ市場を通りがかって、

面白かったです。

d0156557_17141078.jpg


d0156557_17142393.jpg


d0156557_17143518.jpg


d0156557_17144932.jpg


d0156557_17150724.jpg






[PR]
by kiyoko_ki | 2017-09-27 17:17 | | Comments(0)

牧野植物園

高知にも一泊したのですが、

牧野植物園。

建物も素敵なんですよね。


d0156557_08525000.jpg


d0156557_08530996.jpg



そして、室内にあった照明が、

ロギールさんの和紙でしょうか。


d0156557_08532246.jpg






[PR]
by kiyoko_ki | 2017-09-25 08:57 | | Comments(0)

お彼岸の夜に

d0156557_20382559.jpg



いかがでしょうか?






[PR]
by kiyoko_ki | 2017-09-23 20:37 | | Comments(4)

バスを待つ間

ゆすはらともお別れです。

バスを待つ間。

d0156557_14160055.jpg

水車小屋があります。

d0156557_14161193.jpg

ここにも茶堂が。

d0156557_14162477.jpg

秋海棠

d0156557_14164804.jpg

お食事処、くさぶきさん

d0156557_14165963.jpg

土蔵

d0156557_14171025.jpg

コーヒースタンド CANs Hutte カンズヒュッテ

東京から移住してこられた一家でやっておられます。
店長は幼稚園生のお嬢ちゃま。

d0156557_14172177.jpg

来るのは2回目、
ハワイコナのアイスをいただく。

d0156557_14174984.jpg

投句ポストがあったので、投句しておきました。

まだちょっと時間があるので、雲の上のホテルに戻って。
こちらでもお話を聞いていたら、
横須賀からご家族で移住されて来たそうです。

移住の応援もしている、ゆすはらなのでした。

d0156557_14182710.jpg

バスが来ました。

バス停でない所でも、手をあげたら停まってくれます。

須崎の駅まで帰ります。

さようなら、ゆすはら。





[PR]
by kiyoko_ki | 2017-09-21 14:50 | | Comments(0)

梼原

水曜日の色


梼原


d0156557_10182870.jpg



梼原に行く前に、知人がたまたま読んでいた「忘れられた日本人」に、梼原の話が出てくると教えてくれた。
民俗学の宮本常一のその本を夫の本棚に見つけので、旅の荷物に入れた。

友達が住んでいる高知の梼原という所へ、鹿児島の指宿に住む私が行くには、電車と新幹線でひたすら陸路を行く、或いは飛行機を使う、或いは九州から四国へフェリーで渡るなど考えられたが、確実に簡単に行けそうな電車と新幹線で行くことにした。
途中、九州新幹線はよく乗っているし、トンネルも多いので少し退屈だ。それで九州新幹線で、「忘れられた日本人」の土佐梼原でばくろうをしていた老人の話を読んだ。ばくろうというのは牛や馬の仲買人のことで、その老人は牛を扱っていた。話の中心はばくろうのことよりも、おおらかな時代の男と女の話であったりするのだが。

梼原は遠い。指宿を朝出ても、暗くなってからしか梼原に着かない。それで、新幹線で着く岡山に前泊することにしていた。夜、岡山の宿で、友達よりiPhoneにメッセージが届いた。
岡山から高知を経て須崎という駅まで行く。そこからバスでやっと梼原に辿り着く。
友達のメッセージで、バスは旧道と新道を通るのがあるということに気が付いた。旧道は一車線しか無い狭い道を行くのだとか。私が乗ろうと予定していたバスは旧道を通る方で、その到着予定の時刻の返事をした。

岡山から須崎までは一本で行ける南風号の列車に乗った。瀬戸大橋を渡り、四国に入る。3時間半かかって須崎に着き、梼原行きのバスに乗った。
車窓より、なだらかな川では、川に入り釣りをしている人が見える。きっと鮎釣りだろう。
途中から、集落を抜けて本当に狭い道をバスは通り、だんだん高度も上がって行く。
こんな所までと思うような所にも茶畑がある。
かつてのばくろうは牛とともにどのくらいの時間をかけて、梼原と麓の里を行き来したのだろうか。
1時間ちょっとバスに揺られ、とうとう梼原に着いた。バス停に友達が待っていてくれた。真っ黒に日焼けしていた。

「忘れられた日本人」には、興味深い話が幾つもあって、その中に、世間師の話がある。
村人たちの間で、旅をして周った経験のある者を世間師と呼んでいたそうなのだが、また、女たちも世間を知るのに旅に出たという話も出て来る。

今では、テレビもあるし、ネットもあるし、本を読んでもいいし、世の中のことを知る手段はたくさんある訳だが、それでも旅に出るのはいい。
まあ、私の旅なんて、飛行機や新幹線でビュッと行けるし、今回の梼原は友達に車で案内してもらったので、本来の旅とは違うだろうが、梼原に行けて本当に良かった。
友達には心から感謝している。

梼原はとても良かったし、友達に十数年振りに会えたことはもちろん嬉しかった。
梼原の町で元気に過ごしている様子を見聞きして、私も元気をもらった。
いつか、屋久島のうちに来てくれたように、指宿のうちにも遊びに来てください。






[PR]
by kiyoko_ki | 2017-09-20 16:10 | 水曜日の色 | Comments(0)

雲の上のホテル

雲の上のホテル


d0156557_14095689.jpg


プールと温泉に向かう。


d0156557_14100897.jpg



d0156557_14101856.jpg


雲の上のギャラリー


d0156557_14102901.jpg



d0156557_14104093.jpg



d0156557_14114292.jpg


ライトアップされた玄関側


d0156557_14244156.jpg


ライトアップされた、雲の上のギャラリー


d0156557_14105297.jpg




d0156557_14514769.jpg


朝一で、小さいほうの朝風呂に。


d0156557_14113134.jpg



d0156557_14120270.jpg



d0156557_14115264.jpg



少し築年数が経っていますが、

素敵なホテルでした。


隈研吾さんの、

現在、図書館と福祉施設も建設中です。

楽しみですね。






[PR]
by kiyoko_ki | 2017-09-19 14:13 | | Comments(2)

梼原町総合庁舎

梼原町役場、総合庁舎、

中央部分がスライドして開き、ステージになるそうです。

友達はそれが好きだと言っていました。

まるで、ゆすはら座や津野山舞台みたいです。


d0156557_08492951.jpg



d0156557_08493981.jpg



d0156557_08495698.jpg



d0156557_08500872.jpg



d0156557_08502302.jpg


茶堂は、この総合庁舎の落成を記念して寄贈されたものだそうです。


d0156557_09014102.jpg



d0156557_09015663.jpg



d0156557_08512926.jpg


ゆすはらの地元の杉材が、ふんだんに使われています。







[PR]
by kiyoko_ki | 2017-09-18 08:53 | | Comments(2)