幻のたこぶね

南からの贈り物


幻のたこぶね


d0156557_14244941.jpeg


 岬まで行ってみるけれども一緒に行くかと、夫が聞いて来た。
 亡くなった母の物など片付いていないので、出かけるのもあまり気が進まないが、家に閉じこもってばかりいるのも良くないだろう。それで薦められるまま、出かけてみることにした。と言っても、家から車で五分である。
 夫は見たい植物があるのだと言う。私は浜辺を歩くことにした。
 風も無く、海は穏やかだった。浜は潮がだんだん引いて来る時刻だったようで、打ち上げられた貝殻や海藻などが続いているのが列をなしている。波が静かに打ち寄せる波打ち際が気持ちが良い。裸足になって、波打ち際をたまに海水に足を浸けながら、岬の先端へ向けてゆっくりと歩いて行った。


d0156557_14252884.jpeg


 だいぶ歩いた頃、濡れた砂の上に、面白い物を見つけた。それは蛸のようだが、貝殻を背負っている。もう生きてはいないようだったし、大事に持ち帰ることにした。だいぶ離れてしまった夫の居る場所まで向かった。夫は、ハマゴウやテリハノイバラやハマヒルガオのある浜の奥で、お目当てのハマボウフウの写真を撮っているのだった。私は、その蛸を差し出してみせた。
 「たこぶねかな、かいだこかな。面白い物を拾ったね。」と、ビニール袋を出してくれた。夫のカメラバックには、いつもビニール袋が用意されている。それは、植物の果実や種を入れる為であったり、貝殻を入れる為であったりした。
 家に戻って、図鑑などで調べる前に、リンドバーグ夫人の『海からの贈物』を広げてみた。それにたこぶねは載っていた。

 浜辺で見られる世界の住人の中に、稀にしか出会わない、珍しいのがいて、たこぶねはその貝と少しも結び付いていない。貝は実際は、子供のための揺籃であって、母のたこぶねはこれを抱えて海の表面に浮び上がり、そこで卵が孵って、子供たちは泳ぎ去り、母のたこぶねは貝を捨て新しい生活を始める。(『海からの贈物』「たこぶね」リンドバーグ夫人、吉田健一訳)

 が、後日、図鑑などよく調べてみて、それはたこぶねではなく、似た種類のアオイガイ、別名かいだこのほうであることがわかった。背負っている貝殻が少し違っていて、しかし、生態は似たようなものであるらしい。
 幻のたこぶねではあったが、それらの母性を思う時、亡くなった母のことにも考えが及ぶ。
 実家に長らく居座っていた私が、ようやく遅くに結婚し、母は肩の荷を降ろしたようであった。
 しばらくして、東京を離れ田舎暮らしを始めた夫と私であったが、両親は同じ九州でも、二人の生まれ故郷の福岡に東京より戻って暮らすことを選んだ。父が亡き後、母は福岡の都会でのマンションの気ままな一人暮らしを好んだ。
 母は、周りの人にいつも、ピンピンコロリで逝くのよと言っていたそうである。また、私に迷惑をかけてはいけないとも言っていたようである。それで、少しばかりの老いはあったものの、本当に誰にも迷惑をかけることなく、亡くなる前日まで元気でいてくれた。
 久し振りに会った年末年始、母の足の爪が伸びているのに気が付いて切ってあげた。膝が曲げにくくなっていたので、自分で切りずらかったようだ。娘に足の爪を切ってもらうようになるとは思ってもみなかったと、母は言った。それが、母との最後の思い出の一齣となった。


d0156557_14262734.jpeg


 さて、持ち帰ったかいだこだが、写真を撮ったあと、蛸のほうは、顔見知りの猫に見つかって、それはそれは美味しそうに食べられてしまった。それは、海の物を土に返すよりも、よっぽど良かったに違いない。


d0156557_14264574.jpeg


 残された貝殻は美しい。光に透かせて、その繊細な襞の織りなす影に見惚れる。が、もっと稀なるたこぶねも、いつか出会える時があるだろうか。それは、生涯に一度あったとしたらとても幸運だ。浜辺歩きに、幻も求めてみようか。

(2015年8月5日発行、季刊俳句同人誌「晶」13号に掲載)






[PR]
# by kiyoko_ki | 2017-11-15 14:41 | 南からの贈り物 | Comments(2)

卵焼き ネギとツナ編

d0156557_10062879.jpeg


卵焼き、作った。

ネギとツナを入れました。


d0156557_10074500.jpeg


切ったら、こんな感じ。

ちょっこし下手くそ。

でも美味しかった。





[PR]
# by kiyoko_ki | 2017-11-14 10:09 | 料理 | Comments(0)
d0156557_09151356.jpeg


俳句歳時記は3種類持っています。

角川学芸出版編 俳句歳時記 第四版 角川文庫

角川春樹編 現代俳句歳時記 ハルキ文庫

山本健吉編 最新俳句歳時記 文藝春秋発行

今、晩秋と思われる方も多いでしょうし、
私ももちろんそんな気分ですが、

暦の上ではもう立冬を過ぎましたから、
俳句の世界では、今は初冬ですね。

それで、
初冬の俳句を、上の冬の3冊より選んでみました。

初冬の音ともならず嵯峨の雨 石塚友二

初冬や行李の底の木綿縞 細見綾子

はつ冬や空へ吹かる 蜘のいと 召 波

2、3冊にまたがって載っている句もありますし、
その歳時記にしか載っていないものも。

歳時記を読み比べてみるのも面白いですね。






[PR]
# by kiyoko_ki | 2017-11-13 10:14 | 俳句 | Comments(0)